blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

マヨ...

Author:マヨ...
う~~ バイクバイク

今、バイクを求めて全力疾走している僕は静岡県に住むごく一般的な男の子。
敷いて違うところをあげるとすれば二輪に興味があるってことかナー
名前はマヨ。

そんなわけで自宅にあるバイクガレージにやってきたのだ。



当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
37位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング
ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

C a t e g o r y A r e a
[20160731]
つづきです。
http://klx124.blog130.fc2.com/blog-entry-1243.html

潮岬灯台を後に、R42を北上。

世界遺産登録されている那智の滝を観に行きました。


バイクの駐車場があるか不安でしたが、売店(美山亭)の脇が二輪専用だったので、

こちらに停めます。 
20160703 (66)


駐車料金は200円。
TRACERの後ろにバイクの看板があります。
20160703 (65)


美山亭から数メートルあるけば、飛龍神社です。
20160703 (68)


階段を下り、
20160703 (69)


境内を進めば、目の前は那智の滝!
20160703 (70)


落差133mの大滝なので、見上げるカタチになりますが大迫力でした。
パワースポット!というより、大自然すげーというのが個人的な感想ですw
20160703 (72)


那智の滝見学後、R42を戻ります。
R42のバイパス(那智勝浦新宮道路)が通っていますが、あえて使わず海側の道を進みます。


勝浦にある くじら浜公園 と くじらの博物館 が気になりましたが、
今回は時間の関係でスルー。


絶景のR42を南下していると、古座あたりで無人島を発見。
20160703 (76)



ツーリングマップルによると『無人島0円生活』のロケ地とされている。
九龍島のwikiにも載っていますね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%BE%8D%E5%B3%B6
よゐこの二人はこんなところで無人島生活していたとはw ってか、無人島近いwww


R42沿いの道の駅 くしもと橋杭岩へ
20160703 (77)


地殻変動により岩が隆起して、橋の杭が並んでいるように見えることから橋杭岩と呼ばれている。
約900mも続いているので、遠目で観た方が迫力がありますね。
20160703 (79)


ここでもパノラマ失敗だったので、普通に撮った一枚。
20160703 (83)


串本の町に戻り、スーパーに寄って夕飯の買出し。
オークワは、スーパーと100均と日用品が売っているので、キャンプで足りないものがあったらここで揃えるといいです。
20160703 (87)


キャンプ場へ戻ると、テントの数がかなり増えていました。
そして、お隣さんちけーよwww
20160703 (91)



夕飯まで時間があるので、明るいうちに散策。
芝の道を進み、本州最南端へ
20160703 (93)



あまりに普通の景色だったので写真は無いw 


キャンプ場の目の前はレストハウス。
ネコカフェもやっているようですが、付近に野良猫?が10匹以上はいました。
20160703 (95)


キャンプ場から50mくらいの場所にトイレ。
観光タワーは寄る時間がありませんでした。
20160703 (96)


明るいうちにお風呂に入ろうと再び、串本の町へ
本州最南端の温泉施設 サンゴの湯へ   
20160703 (100)


入浴料410円のお風呂でした。


温泉後、コンビニで冷たい飲み物を買ってキャンプ場へ
駐車場でネコがくつろいでいましたw
20160703 (101)



日が沈んできたので夕飯を作ります。
今日の夕飯はチョリソのペペノンチーノ。
20160703 (106)


明日は早起きしないといけないので、9時には就寝予定でしたが、
大学生?の男女6人組が深夜1時頃まで騒いでいたお陰で全然眠れず。。。


寝付けないので、キャンプ地の夜景を撮っていました。
午後10時ですが、焚き火を楽しんでいる人がチラホラ
20160703 (127)



深夜1時なると星がくっきり見えるようになりました。
下側の光源は自動販売機です^^;
20160703 (143)


朝4時半起床。 曇天ですねぇ。
20160703 (147)


朝飯はランチパックとチョリソの残り。
20160703 (149)



6時には撤収準備完了。
20160703 (150)



R42を西に進み、すさみ南から紀勢自動車道に入り、高速道路を進みます。
串本からすさみまでのR42は絶景ロードでした。



トンネルの多い紀勢自動車道ですが、途中で豪雨に降られ、トンネル内の待避所で合羽を着て、
20160703 (151)



印南SAに着くころには雨が上がっていたので合羽を脱ぎました。
20160703 (152)


リア周りの雨水跳ね具合を見ると、改めてフルパニアでよかったと実感。


和歌山から大阪へ入り、岸和田SAでトイレ休憩。
20160703 (153)


西名阪からR25名阪国道へ

天理を過ぎてから、カーブの多いところで反対車線のトラックが事故している現場と遭遇。
追々事故の詳細を見ましたが、橋からトラックが落ちたようですね。

ああいう事故現場を見てしまうと、自分も気をつけなくちゃという気持ちになります。


渋滞を抜けて、道の駅 針テラス 
20160703 (157)


9時からTRACERミーティングでしたが、30分遅れで参加。


あまり談笑する時間も無く、動画撮影に参加して解散するカタチになりました。
もっと早めに着ければ良かったのですが、しょうがないですね。
20160703 (155)
20160703 (154)
20160703 (156)


9月にYAMAHA公式でMTミーティングがあるので、その時にでもゆっくりオーナーさんと話せればいいなぁと思います。





今回のキャンプツーリングの走行距離 

1095.8km でした。
20160703 (160)

高速道路を多用すれば、日帰りで紀伊半島一周もいけそうですねw
スポンサーサイト
2016-07-31(Sun) 23:00 キャンプ | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
[20160730]
7/2
和歌山の潮岬へキャンプツーリングに行ってました。


週間天気予報では降水確率40%だったので、中止にしようと思っていましたが、
前日の予報で20%まで下がったので、前日の夜に急遽仕度をしたので、キャンプ道具積み込みの写真はなしw



新東名を進み、伊勢湾岸へ
20160703 (1)


新東名が繋がったお陰で東名に比べて、浜松→刈谷が区間が10分くらいは短縮出来たかな。
20160703 (3)


御在所SAでトイレ休憩。
バイク多くて、中に停められずw
20160703 (4)


伊勢西ICで降りて、内宮へ
8時半頃着いたので、バイク駐車場は比較的空いていました。
20160703 (6)


太古の杉林を進み、
20160703 (9)


交通安全祈願をして、
20160703 (12)


横の商店街をぶらり。
20160703 (13)


営業時間前なので、人は少ないですね。
20160703 (14)


今回も地域猫がいたので、写真を撮っていたら、
20160703 (15)


おや、子猫もおる。
20160703 (16)


かわいい目線を送ってくれました!
20160703 (21)


別のところにも地域猫!
こちらはご飯に夢中でしたw
20160703 (22)


伊勢神宮を後にし、再び伊勢自動車道に入り、紀伊自動車道へ
尾鷲北からR42を走り、熊野へ

前にスタンプラリーで来た時に気になっていた 花の窟神社へ
※花窟神社は日本書紀にも記されている日本最古の神社といわれています。

バイクの駐車場は隅のあたり。おっちゃんが案内してくれます。
20160703 (27)
20160703 (28)


売店を通り抜けて、
20160703 (29)


神社入り口へ
20160703 (31)


木陰参道を進み、
20160703 (33)


御神体へ
20160703 (34)


デカすぎてカメラに収まりきりませんね。
20160703 (36)


御神体を後に売店へ
ちょっと早いですが、昼飯に蕎麦をいただきます。
静岡の蕎麦に比べて、太く短い麺でした。麺類は地域性が出るので面白いですね。
20160703 (39)


花窟神社からR42をひたすら南下します。

午後1時に潮岬望桜の芝へ到着。
バイクと車の駐車場が分かれています。
20160703 (40)
20160703 (42)


備え付けのテーブル・イスがある場所はファミリーキャンプ組が陣取っているので、
木の下で設営します。
20160703 (43)


設営して、キャンプを荷を降ろしたら、次は観光に出かけます。
20160703 (46)


まずは、潮岬灯台へ
車は有料駐車場へ停めますが、バイクは無料で灯台受付手前まで来れます。脇に停めればいいそうです。
20160703 (47)


チケットは200円
20160703 (48)


さて、灯台へ
20160703 (50)


左側は資料室になっていますね。
20160703 (52)
20160703 (53)


螺旋の階段を登って、
20160703 (54)


最後はえらい急なハシゴを上れば、灯台の上部へ
20160703 (56)


パノラマで撮ったけど、残念な出来だったので、普通に撮ったヤツを載せます。
潮岬に来るまでの道中にも思いましたが、和歌山の海は綺麗ですね。
20160703 (57)
20160703 (58)


帰りは、上りより急なハシゴを降ります。こええw
20160703 (63)


灯台からキャンプ場も見えますね。
20160703 (64)



写真が多いので一旦切ります。

つづく
2016-07-30(Sat) 23:57 キャンプ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
[20140719]
続きです。

しらびそ高原から蛇洞林道に入り、R152へ

未舗装エリアの地蔵峠を抜けて、小渋ダム方面へ


県道59号から18号に乗り換えて、陣馬形山の看板がある方向へ


今回のキャンプ地は 陣馬形山キャンプ場 です。



陣馬形山キャンプ場まで行くには3本のルートがあります。

県道18号から看板を目印に行くルートは舗装された道なので、オンロードバイクでも安心して行けますが、
別ルートで行くと未舗装道路があるので注意が必要です。


陣馬形山キャンプ場に到着!
無料のキャンプ場ですが、水道、トイレ、避難小屋有りの優良キャンプ場です。


テントを設営してから、温泉へ行きます。
2014073 (34)


キャンプ場の近くには温泉がないので、30分以上走る必要がありますが、

リフレッシュタウン まつかわの里 へ行きました。
入浴料400円で数種類のお風呂を楽しむことが出来ます。
2014073 (35)


温泉後はスーパーで買出しとGSで給油してキャンプ場へ戻ります。

キャンプ場に戻った頃には日が暮れていたので、暗闇の中夕食の準備をします。


料理人のR氏がグリルを用意してくれたので、夕飯は焼肉です!
私はまたカレーですがw
2014073 (37)

2014073 (43)

夕飯後はキャンプ場から100mも歩いたところに山頂があるで景色を観に行きました。
2014073 (39)

雲がかかっていて星空は観れませんでしたが、夜景がそこそこ綺麗でした。
2014073 (45)


陣馬形山ですが、標高1400mにあるキャンプ場なので平地に比べて気温が低いです。
この時期なら半そでで大丈夫だろうと思っていましたが、思いのほか強風で寒かったです。

R氏はダウンを着てぬくぬくしていましたが、私は合羽を着て凌いでいましたwww

寒いので早めに就寝。


翌朝4時半
動物の鳴き声で目覚める。

南アルプスからご来光? うん、見えんw
2014073 (49)


明るくなってきたのでキャンプサイトを撮ってみた。
暗いときは気づかなかったが、20以上はいるようだ。
2014073 (52)


早めに撤収して、県道18号を上り、R361からR152へ

美和湖の北側のR152(杖突街道)は走りやすい道が続くので、ヤエーしながら進みました。
多くの人が返してくれて感謝。

途中でネズミ捕り(白バイ)の存在を教えてくれる人がいて助かりました。


R152からR20に乗り換えて、山梨方面へ

R20から一本入ったところに和菓子屋があるので寄っていきます。


住宅地に人がいっぱいおるw
2014073 (53)


金精軒に来ました。
2014073 (60)


金精軒と言えば、今話題の 水信玄餅


店内で会計を済ませて、整理券をゲット!
2014073 (59)


水信玄餅待ちの人がお店周辺をウロウロしていますw
テレビの取材も来ていました。
2014073 (61)


30分ほど待って、水信玄餅が来ました。
2014073 (63)


話題になるだけあって、美味いです。
透明のゼリーにきな粉と黒蜜を付けて食べるような感じ?かな。

とにかく ぷるんぷるん でしたw


R20からR52に乗り換えたあたりから雨が降ってきたので、途中で合羽を着てから帰路へ

天気がよければ、ビーナスラインまで行く予定でしたが天気が不安定だったので中止に。。。


結果、早く帰って来れてよかったw

2日で 走行距離 504.9km
平均燃費は 59.6km/L
2014073 (64)


キャンプ道具の積載方法をクリア出来れば、グロムでも十分にキャンプが出来ますね。



今回のルート
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%81%93%E6%82%A6%E5%BA%97/35.0547179,138.5283867/@35.566073,138.1721291,8z/am=t/data=!3m1!4b1!4m42!4m41!1m35!1m1!1s0x0:0x3346ecec0a9822e3!2m2!1d138.200578!2d34.836374!3m4!1m2!1d137.9752622!2d34.7786711!3s0x601afbbbdc4b054f:0x5ee1f456055dda60!3m4!1m2!1d137.8633551!2d35.1505947!3s0x601b6c8d2e5f4803:0x66f39d0146eaeb6!3m4!1m2!1d138.0139569!2d35.4809578!3s0x601c81eede2646b5:0x91cd192454108cb2!3m4!1m2!1d137.9388523!2d35.6282624!3s0x601c8e368fb5be3d:0x624c32513c05d05d!3m4!1m2!1d137.9520693!2d35.6695352!3s0x601c8dd82de43431:0xe2946b1653f61f2e!3m4!1m2!1d137.9684597!2d35.8352263!3s0x601cf10c55fcf1a7:0x4c57333f44e8199d!1m0!2m2!1b1!2b1!3e0
下栗の里からしらびそ高原は地図表示出来ませんでしたが、普通に通れます。
2014-07-19(Sat) 10:52 キャンプ | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
[20140717]
7/12、13日

長野へキャンプツーリングへ行ってきました。


ご近所ブロガーのR氏とコンビニで待ち合わせ。

R氏は最近KSRを購入したので、KSRで来るかなと思っていましたが、メインバイクのF650GSで登場!
2014073 (1)



グロムでは高速道路に乗れないの下道オンリーで長野を目指します。

今回も月の看板でw
2014073 (3)

天竜川の脇R152を北上して、兵越峠へ
2014073 (6)


休憩に寄った道の駅 遠山郷で昼食をいただきます。
2014073 (7)

やまめ定食 1,000円
2014073 (8)


昼食後、廃校になった旧小沢小学校を見学。
2014073 (9)

この小学校には野良猫が住み着いており、猫校長として皆から愛されている猫がいます。

校内を散策しながら、校長を探します。
2014073 (10)
2014073 (11)
2014073 (13)


いた! 外の車の下にいる!!
2014073 (15)


猫校長のたかねちゃん!
2014073 (21)

人懐っこいので近づいても逃げないし、触らせてくれます。

軽くじゃれて遊ぶとツメを出されるので、ちょっとだけ注意が必要ですがカワイイ猫様でした。
2014073 (22)


小沢小学校から下栗の里へ
2014073 (23)

前日に台風が通ったので、山道が崩れていないか心配でしたが、問題なく進めました。
2014073 (24)

見晴らしポイントに鉄骨の足場が出来たので、前に来たときより観やすくなりました。
2014073 (25)

下栗の里からしらびそ高原へ

途中にある隕石落下後は相変わらず、どこかわからんw
2014073 (28)

ハイランドしらびそに寄り、しらびそ峠へ
2014073 (30)

2014073 (31)


つづく。
2014-07-17(Thu) 21:00 キャンプ | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
[20140713]
土日で長野へキャンプに行ってきました。

2014073 (31)

疲れたけど、楽しかった!

詳細は後日。
2014-07-13(Sun) 20:57 キャンプ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 マヨ... all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム