blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

マヨ...

Author:マヨ...
う~~ バイクバイク

今、バイクを求めて全力疾走している僕は静岡県に住むごく一般的な男の子。
敷いて違うところをあげるとすれば二輪に興味があるってことかナー
名前はマヨ。

そんなわけで自宅にあるバイクガレージにやってきたのだ。



当ブログはリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
57位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング
ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

C a t e g o r y A r e a
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20150704]
リアサスが新品になりました。

これ以上錆びさせない為に泥水からサスを守るマッドガードを作ります。




まず、ダンボールで型紙を作り、PPクラフトシートを切り出します。
20150603 (1)


PPクラフトシートにカーボンシートを貼り付け。
20150603 (2)


車体に合わせて、固定する穴の位置を決めます。
20150620 (14)


1穴パンチで穴あけ後、下部に接触保護のモールを貼ります。
20150620 (16)


赤丸の場所でタイラップ(結束バンド)で固定します。
20150620 (22)


エンジンをかけて、少し走りに行きます。

人が乗ると車体が沈みます。

車体が沈むとPPクラフトシートが湾曲します。

そこにエンジンとマフラーの放熱でPPクラフトシートが柔らかくなり、冷えた後、形状が固定されます。
20150620 (37)


これで完成!
20150620 (36)


マッドガードを試しに濡れた路面を走ってみましたが、リアサスに泥水がかかった形跡はありませんでした。
20150704 (6)


サイドから雨水が当たれば、どうしようもありませんが、
マッドガードの有無では汚れ具合が全然違うので、かなりの効果があると思います。
20150704 (10)



PPクラフトシートですが、
使用温度帯が-5~120℃と熱に強く、電気絶縁性で、水、薬品にも強く、加工しやすく、安価。

マッドガードに適した素材ですねw



雨が降ってバイクに乗れない日々が続きそうですが、

マッドガードの自作に挑戦してみてはいかがでしょう?



自分が作ったマッドガードの寸法はこちら
20150620 (11)


つくってあそぼ!
スポンサーサイト
[20150701]
タッチペンでサスペンションを取り付けてもらいにバイク屋へ



一応、クレーム?扱いなので工賃はタダです。


新品になったサスペンション!
20150620 (10)


このまま錆が滲んでこなければいいのだが。。。




サスペンションが新品になったので、サスの慣らしもやりたい所ですが、

先にサスペンションの調整を行いました。



調整といっても、スプリングを一段階下げるだけ


車載工具を取り出して、
20150620 (25)


サスペンションの歯車みたいになっているところに差込、矢印の方向に一段階回します。
20150620 (26)



これで少しだけ柔らかくなりました。
サスが柔らかくなると、リアが沈むので足つきが良くなります。


最大まで回せば、もっと足つきが良くなりますが、
車体のバランスが崩れるので素人が弄るなら一段階くらいで止めておいた方がいいですw



トレーサーのリアサスペンションですが、
スプリングの調整と伸側減衰力の調整が出来ます。



サスペンションの調整って普段やらないことなので、よくわからないw

ってことで、私的理由で軽く調べてみました。


スプリング(プリロード)の調整は静的姿勢・・・・・停車時の高さ、一定速度で走行中の姿勢

伸側減衰力(ダンパー)の調整は動的姿勢・・・・・前後の荷重移動



と、いうことらしいです。


伸側減衰力の調整は前後のバランスがあるので、ムズかしそうだな。。。

ちなみに伸側減衰力の調整する場所はここです。
20150530 (3)




しばらくはスプリング一段下げで乗ってみて、不満が出たらちょっとずつ調整していこうかな。
[20150419]
ローシートからノーマルシートを元に戻したので、シート高が14mm上がりました。


ちょっとだけ足つきが気になるで、ローダウンのリンクロッドを導入してみます。


純正OPでもローダウンのリンクロッドは出ていますが、自分が選んだのはデイトナのモノです。

理由はデイトナの方が3,500円安いからw



OPカタログを見ると、(取付0.5) と書いてあり、30分もあれば取り付け出来るモノらしいが、
サスが面倒な場所についているので、バイク屋に取り付けを任せてました。


取り付けた整備士さんから聞いた話ですが、素人がやるにはムズかしい作業らしいです。
狭い場所に固定されているボルトがあるのでとにかく大変らしい。。。

2人で1時間ほどかけて取り付け終了。


シルバーのリンクロッドがブラックになりました。
20150331 (6)


20150331 (3)




ローダウンリンクロッド取り付け後の感想


メリット

・足つきが良くなります。当たり前かw
・車体の重心が若干下がるので、低速時の旋回が安定します。
・上記2点があるので、跨った状態で足こぎで後退出来ます。この辺は個人差があると思いますが。。。
・跨った状態でサイドスタンドの出し入れが楽になった。
・サスの収まりが良くなった。気がするw ノーマルリンクロッドの時は調整しようと思っていました。
・シートの後ろ側に座りやすくなります。


デメリット

・センタースタンドを掛ける時、若干重くなった。
・ハイビームが殺人ビームに昇格! 光軸調整で解決ですわ!




こんな感じでしょうか。

15mmほどのローダウンなので、見た目は変わっていません。
フロントフォーク、サスペンションの調整も考えていましたが、15mm程度なら必要ないと整備士さんから言われました。


パーツ代  5,400円
工賃     3,500円 (0.5時間の場合)


だいたいこのくらいの費用で出来ますよ。

足つきが悪いからシート交換を先にやりましたが、正直な話、先にローダウンリンクロッドを導入することを進めます。


[20140521]
リアのサスペンション交換!

まず、外装を外します。
20140425 (1)

右側にある赤丸のボルトを外します。
20140425 (2)


サスペンションを固定しているボルトを発見。
20140425 (4)



次に左側にある赤丸の部品をゴムから抜きます。
20140425 (3)

チェーンガードも外します。
赤丸がリアサスペンション下側のボルト。
20140425 (6)


これで左右からリアサスペンションを固定しているボルトにアクセス出来るようになります。
20140425 (5)
ソケットレンチとトルクレンチを使って上下のボルトを緩めます。
※この状態でボルトを抜くと大惨事になるので、気をつけて!


ジャッキを右ステップ下部に入れて、ジャッキアップします。
20140425 (8)
タイヤが空転すればいいので、数ミリだけ浮かせるだけです。

タイヤが浮いたらサスペンションを固定しているボルトを抜きます。


これで純正リアサスペンションを外すことが出来ました。








次に交換するサスペンションですが、

『OHLINS』 にしました。
20140425 (9)

オーリンズにしたの理由ですが、
ナイトロンとオーリンズ以外のサスペンションは2人乗り前提の硬さだからです。

バイク屋に武川、キタコのサスを購入しても、オーリンズ入れたくなるよ。と助言されたのもありますがw

純正との比較
20140425 (10)

全長が同じですが、プリロード調整と減衰調整が付いています。


リアサスペンションの取り付けは逆順を追っていけばいいので略。

サスを固定するボルトのトルクは
上下ともに 44 N・m
20140425 (11)

トルクレンチは車のホイールに使う物が安価ですね。


オーリンズのサスは最初からセッティングされています。
自分の体重ならピッタリなのでそのままで乗っています。
20140425 (12)


右側から観ると、マフラーがあって判りにくいですが、
20140425 (14)

左側から観ると、オーリンズと一目で判ります。
20140425 (16)


うん、 カッコいい!

交換後、グロムの乗り心地が普通になりました。
ケツ痛にも多少なり軽減効果はありそうですが、根本的な解決方法ではないですね。

私的にはもう少し柔らかくてもいいかな?と思っているので、後日調整する予定。

高い買い物でしたが、満足感がありますね。
[20121217]
PCXの最大の悩み?

足つきの悪さを改善!というわけでローダウンのサスを入れてみました。


SP武川
ローダウン強化リアショックアブソーバー
20121201 (2)


取付はザックリ説明です。

シート、リアスポイラーを外します。
赤丸のボルトを外して、グラブレールを外します。
20121201 (7)

メットインボックス内にある赤丸のボルトを外します。
20121201 (9)

メットインボックスは真上に上げると外れます。
20121201 (11)


リアサスペンションに付いているナットを外します。
20121201 (13)

下側も外します。
20121201 (15)

サスを外したので比較しまう。
約-30mmのローダウンです。これで足つきは良くなりそうだ。
20121201 (17)

純正サスと同じ長さなら片方ずつ交換しますが、ローダウンサスは短いので2本同時に行います。

ジャッキアップしないと交換できないとかネットに書かれていましたが、自分はまったく使いませんでした。
ごく普通に作業すれば普通に着けられると思います。
20121201 (19)

サスペンションのナットはきちんとトルク管理しましょう。
トルクは説明書に書いてあります。
20121201 (21)

下のボルトはエアクリーナーボックスが邪魔なので、エアクリーナーボックスのボルトを外してから締めます。
20121201 (27)

サスペンション取付後は、外装を元に戻して光軸合わせをします。
20121201 (23)


作業時間は1.25hでした。
のんびりやっても2時間もあれば出来ると思います。

インプレはまた後日。


copyright © 2005 マヨ... all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。